<   2014年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

馬車道十番館

  

 先日の馬車道の続きです。今回、ご紹介する馬車道十番館は
 横浜を代表するレトロ純喫茶の趣とでも申しましょうか。
 明治初期の西洋建築を彷彿させるような総煉瓦作りで1968年に
 高島嘉右衛門旧邸跡地に建てられました。(ガス会社創立者)

 横浜開港以来、幕府が関(吉田橋あたりまで)を設け
 港から一直線に伸びる道を荷馬車が通ったことが由来の馬車道。
 関の中を関内、外を関外と称していたそうです。
 その名のJR関内駅、ブルーライン関内駅から徒歩4~5分
 馬車道から少し奥まったところに十番館はあります。

   
e0307335_17242294.jpg


 総煉瓦作り5階建ての外観、入口には明治時代の電話BOXとガス灯があります。
  
   
e0307335_17333327.jpg


お店に入ると2階廊下が見渡せる高い天井とアーチ状のステンドグラス、
そして真っ赤なチェアーなど開放的でレトロな内装が目に飛び込んできます。
シニア、ペア、マダム達などジェネレーション様々なお客さんでいっぱいでした
おかげでこの日は2階英国風酒場スペース、奥の間のKAMOMEで
お茶することができました。

真っ赤な絨毯、重厚なてすりの曲がり階段をあがると2階左手奥に
英国パブコーナーと1階フロアーが見渡せ、正面にアーチ開口上部に
KAMOMEのプレートをかけた3~4テーブルのお部屋となっています。
ラッキーなことにKAMOME でゆっくりお茶するこができました。

   
e0307335_181266.jpg



 さほど広いスぺ―スではありませんが意匠をこらしたウッドウォールに
 煉瓦もおりこみ、デザインされた壁にシェード型のブラケット照明が
 映えています。
 明治西洋館の内装として家具、照明建築資材まで統一されてまとままりがあり
 とても居心地の良い空間となっています。
   
 少々、長くなりましたがグルメのお話しも少しいたします。
 人気のあるオリジナルブレンドコーヒーは500円。
 こくがあって大半の方はオーダーされるそうです
 名物スィーツが煉瓦をかたどっているので四角いロイヤルプディング。
 固めでしっかりとしたお味だそうです。(私プリン苦手なんです)
 この日は甘さ控えめで上質な生クリームがおいしい苺ショートケーキを食べました。
 おみやげに人気ものはビスカウトです。軽くてさくさくなので食べ過ぎにご注意。
 チョコレート、ピーナッツ、レモンの3種類。さっぱりレモンが大好きです。

   馬車道におでかけのおりには是非、お寄りください。
   至福の空間で美味しいティータイムを063.gif067.gif
   
   
  

   
   

   
   

by gaisky1221 | 2014-06-25 18:31 | Comments(0)

レッスン作品ダストBOX



   以前、シックなバラ柄の生地でぺルメルを作られ、同じ生地のシリーズ化で
   ダストBOXを作られたKさん作品

   
e0307335_19412524.jpg

内側面はボルドー色の小ばら柄の布クロスを使われました。
カメラマンの腕なしで素敵さが伝わらないことが残念です。
外生地にマッチしているきれいな色のボルドー―カラーです。
兼ねてからご希望の猫脚金具もつけました。

   
e0307335_1948528.jpg


 いつもながら、本当にきれいな仕上がりのKさん作品。存分に使ってあげてください。

   

by gaisky1221 | 2014-06-24 19:55 | カルトナージュ | Comments(0)

狂言鑑賞(野村萬斎)

 

 かねてからファンの野村萬斎さん公演が横浜、関内ホールであるとしり
 早くからチケットを購入。
 初体験の狂言鑑賞に行ってきました。
 萬斎さんといえば、TV,映画陰陽師などでメディア露出も多く
 ファンも多い狂言師さんです。
 今回人間国宝の万作パパとご一緒でしたが鍋八撥(なべやっぱち)は
 万作さんが仁王は萬斎さんが演じられていました。           
 
    
e0307335_1314470.jpg


 日本の伝統芸能のひとつである狂言を見る機会に恵まれて初めて能
 狂言の違いを認識。
 能はお面をつけ舞踏的要素の強いシリアスな音楽劇、狂言は
 セリフも写実的で道化的要素ありのコメディー。
 おおざっぱではありますがおわかりいただけましたでしょうか?
 
 せりふも理解できますし、リアクションも滑稽で公演中は場内が
 笑いの渦に包まれていました。
 中腰で比較的オーバーアクションなので長時間の上演は
 限界があるのでは思いました。
 特に野村万作さん、80才を超えられてもなお老練な演技で会場を沸かされていました。
 肩が凝らず、ユーモラスで面白い伝統芸能です。

 関内ホールといえば馬車道に位置しています。
 馬車道といえばおみやげにいつも購入する  泉平のおいなりさん。
 しょうゆと砂糖、ザラメの煮汁で結構甘めのしっかり味のあげに程よい酢飯が
 実母のおいなりさんの味と似ています。
 おふくろの味おいなりさん。私はいまだにこの味がだせないんですよ!
 ノスタルジーはさておき、もうひとつのお奨めの生チョコ発祥のお店SILSMARIAで
 アールグレイの生チョコを買いました。
 ガス灯、乗り合い馬車、アイスクリームなど横濱発祥のものがたくさんあります。

   
e0307335_13585019.jpg

   
   
e0307335_1347320.jpg


 お土産購入の前、公演終了後にお茶に向かった先は
 濱っこに愛されている馬車道十番館です。
 レトロな建物とシックな内装とオリジナルブレンドコーヒーが
 すこぶるおいしい十番館の続きは
 次回にいたします。(個人的趣味の長いブログは退屈では・・・・?)
   


          
   
   

by gaisky1221 | 2014-06-22 14:00 | 趣味 | Comments(0)

モリス・リバティーSALEへ


 
 先日、比較的近所にあるインテリアショップのバーゲン初日に行ってきました。
 今回もお目当てはカーテンやインテリアファブリックのワゴンSALE(端切れ生地)が
 目的です。
 このショップ、ブリティッシュとフレンチカントリーのルームシュミレーションが
 見事で時々、ウインドウショッピングにもでかけるお店のひとつです。
 まずはご覧ください!


    
e0307335_20224970.jpg


ウィリアム・モリスのお部屋です。壁紙からカーテンまでモリスでコーディネートされ、
ブリティッシュ・ファニチャーに囲まれ、英国人の館コーナーです。
見事なのはフレンチカントリーのルームシーン。 お部屋の入口開口部
真っ白なケーシング(枠)と 調和した花柄の壁紙、天井と壁のモールディング(額縁)まで
再現されフレンチカントリー調にトータルコーディネートされたお部屋は見事です。
マットでクラシック仕上げの家具、インテリア小物も
もちろんフレンチカントリーテイスト。

   
e0307335_20412981.jpg




こちらの家具はカントリーコーナー社のものでややクラシックなところが
とても気に入っています。
レッスンルームにコンソールテーブルを購入、大活躍してくれてます。

   
e0307335_2055411.jpg


 こんなキッズルームのディスプレイもあります。
 イギリスのキッズリバティーのクッションやハーレクィーンのベッドスプレット。
 天蓋つきのベッドシーン。  
 以前、インテリア関連のお仕事にたずさわっていた時期があるので
 家具やインテリア、住宅展示場めぐりなどが大好きです。
 時間のたつのも忘れ、隅々まで見て回りました。


   
e0307335_2142694.jpg


今回の戦利品。はぎれとモリスの(マリー・イザベルオイルクロス)ランチョマット。
インテリアウインドウショッピングはテンションあがります。

   
e0307335_218968.jpg


お店エントランス近くにあったモリスのアイアン脚のベンチに心惹かれながら
我が家に置くとしたら玄関しかないなあ?
でもスペースもデザインテイストもちとミスマッチと後ろ髪惹かれながら帰宅しました。

   

by gaisky1221 | 2014-06-18 21:18 | Comments(0)

父の日にAngelが

   
  
  昨日、父の日にAngelがこのようなプレゼントを持って遊びに来てくれました。

    
e0307335_20234017.jpg



    
e0307335_20243118.jpg


   和菓子が好物のGのために寛永7年創業の千鳥屋のお饅頭。
   大人は全員でティータイムに
   
   一通りのお家遊びにオールスタッフ総動員なのでランチ後、公園へ

     
e0307335_20334259.jpg


 先月は一人で乗れなかったブランコもお一人様で完全に乗れるようになっていました。
 トーキングもさらに明瞭闊達!会話としてちゃんと成立するようになりました。
 あまりにも衝撃なのでノーカットいたしましたが最近のブームは
 リアル大人相手のおむつがえだそうで私もおふとんに寝かされ、
 お〇〇ふき片手におむつ替えごっこの相手になりました。
 一同、大笑いながらも笑えない複雑なシーンとなっていました。
 これってそう遠くないこと?008.gif
 ワールドカップ初戦日本対コートジボワールの試合観戦
 残念な結果になりAngelの来訪がとても慰めになりました。
 来訪がなかったら1日家族でどんよりしていたことでしょう
     

by gaisky1221 | 2014-06-16 20:51 | Angel | Comments(0)

浅田真央23年の軌跡展&グルメ(怒涛の1日)


   本日のスケジュールはトリプルでした!017.gif 
   まずは恒例のK子さんとラ・ロシェルランチデイで久しぶりに溜池山王店へ
   受付嬢も渋谷店からの顔見しりなのでお久しぶりですねと言われ、
   フロアーチーフとも久々トークをいたしました。

   ホワイトアスパラガスと赤座エビのサバイヨンソースじたてと岩手牛の網焼きが
   食べたくてフルコースにしました。いつもながら、美味でございます。

   
e0307335_23223318.jpg



   
e0307335_2323528.jpg



   
e0307335_23245287.jpg

   
 久しぶりに酒井シェフをお見かけし、気さくに写メタイム。
 全テーブルのお客様にご挨拶され、相変わらず、気さくな鉄人です。
 お料理を残すのは作った人に失礼とのK子さんの号令で
 プティ・フルールも完食しワゴンデザートも全種類、完食しました。

 K子さんとお別れして向かった先は横浜みなとみらいへ
 コレットマーレ6階の映画館ブルグ13でポンペイを鑑賞。
 実は本日のメインイベント、横浜高島屋で開催されている
 浅田真央23年の軌跡展に娘と待ち合わせ調整のため、映画鑑賞。
 さてさて、18時30分に飛び込んだ真央ちゃん展、入口から長蛇の列でした。
 無料ですものそりゃそうです。
 スケートを始めた5才から今までの写真パネルが100ほどでコスチュームが30着
 がメダルと一緒に展示されていて特にソチの衣装に感慨深いものがありました。

   
e0307335_2338780.jpg


  真央ちゃんとツーショット。
  入口でこのような真央ちゃんパネルと記念写真ができます。
  高島屋1階エントランスでは真央ちゃん等身大フィギアがあるんです。キャー!!!

   
e0307335_23415446.jpg


    本当に有意義な1日でした。
    真央ちゃんの衣装テレビで見るよりきらきらできれいでした。
    目の保養にお奨めです。

by gaisky1221 | 2014-06-13 23:46 | その他 | Comments(0)

生徒さん作品


    先日アップしましたメモ帳BOX、生徒さんのMさん作品。
    
   
e0307335_19522922.jpg



   
e0307335_19532142.jpg



 お持ちになっていただいた可愛らしい女の子の生地は高さ5㎝の大きさにぴったりで
 完成後の出来栄えは予想以上の可愛らしさでした。内底も女の子。056.gif

久しぶりの立体作品でしたがじっくりと取り組んでいらして
仕上がりもたいへんきれいです。
お疲れ様でした。次回作も立体作品です。
生地もイメージしていらっしゃるようでじわじわと
ファイアーカルトナージュファンになられつつあり・・・・!welcomeです。
   
   

by gaisky1221 | 2014-06-12 20:07 | カルトナージュ | Comments(0)

レッスン作品



 本日のブログアップはマイレッスン作品です。
私には珍しくピンクのばら柄、可愛らしいローラ・アシュレイの生地を使いました。

   
    
e0307335_2013216.jpg


    
    
e0307335_20141179.jpg


           なにげに柄合わせもしてますよ!さて、どこでしょう?

    
e0307335_20141437.jpg


 生地チョイスでこうも雰囲気の違う作品になります。作っているときは至福の時です。
 
     

   
     

by gaisky1221 | 2014-06-10 20:16 | カルトナージュ | Comments(0)

メモ帳BOX

 
 とうとう梅雨入りとなり、全国各地で大雨をもたらしている天気は
 エルニーニョが原因かと?
  結果、長引く梅雨と冷夏?どちらにせよ、不快な天候に変わりはありません。
 今朝まで降っていた雨がやみ、マンション中庭の雨に濡れたあじさいが美しく
 プチお散歩のついでに撮ってきました。

    
e0307335_1624412.jpg


               入口にはこのような方たちもお出迎え。

   e0307335_1662146.jpge0307335_1654659.jpg   
 それにしても不思議です。同じ花壇の同じ株から違う色のあじさいが咲いています。
 酸性土は青くなり、アルカリ性は赤になるというくらいの知識しかありませんがもっと緻密な
 理由があるようです。

     お花に癒されたところで画像は今回も生徒さんレッスンのために作ったメモ帳BOXに。

     
e0307335_16123836.jpg


     
e0307335_16125853.jpg


それにしても個性的なデザインです。
発色のよいカラーが独特の色でありそうでなかなかない色味の生地です。

     

by gaisky1221 | 2014-06-08 16:20 | カルトナージュ | Comments(0)

本日DIY day


   かねてから気になっていたリビングドアのフロートガラス(透明ガラス)を変えてみました。
   といっても断捨離継続中、ドアガラスをそっくり変える時間も経費も節約!
   ということで模様替え前と後はこのようになりました。


       
e0307335_15344931.jpg


     
       
e0307335_15355850.jpg

      
    まずはセンターにデザインウインドウフィルムを縦に3枚貼りました。
    それから左右と片扉に貼って出来上がり。そうです、ガラスを変えず、ガラスのような質感に
    見えるウインドウフィルムをネット購入して本日私はフィルム屋さんと化しました。
     
     
e0307335_15451153.jpg


  日頃の鍛錬の賜物ですか、正確なカットと貼りがものをいいました。このアメリカ製のウインドウ
  フィルムはとても高品質の代物です。すりガラスベースに蔦つる模様がお部屋とドアにマッチ
  しました。ホームセンターにも足を運び、ネットでも探しに探しました。

     e0307335_15533362.jpge0307335_15535042.jpg


  


     

          ライトOFF                            ライトON

 ガラス、フィルムともに水を吹きかけ貼り、スクイージーで空気をぬく作業が
難しくもありおもしろくもありでランチそっちのけで本日、DIY dayでした。
カットと貼ること昔から好きだったことを再認識しました。
         
   


    
   
by gaisky1221 | 2014-06-05 16:06 | Comments(2)

楽しいカルトナージュ  サロンドゥ カルトナージュ   認定講師


by GAI
プロフィールを見る
画像一覧