<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

真夏のナイター観戦

  

  プロ野球もいよいよ終盤を迎え、本日はとうとう巨人に
  マジック21が点灯しました。
  そうです、我が家は昔から巨人ファン!
  正確には巨人、大鵬、卵焼き世代の主人がです。
  というわけで巨人優勝戦か横浜DeNAが最下位でないときに
  横浜スタジアムへ野球観戦にでかけることができます。
   (主人に決定権あり)


  以前は東京ドームまで出かけていましたが横浜まで帰宅することを思うと
  さすがにしんどくここ数年は真夏のプチレジャーとして
  横浜スタジアム、ナイター観戦に落ち着いています。

  外野は鳴り物の大音響と飲み食いもそっちのけで
  熱狂的ファンと化さなければならないので
  当然、内野指定席券で入場し、6時のプレーボールにかろうじて間に合いました。
  まだまだ、外は明るいのですがスタジアムの照明と緑やオレンジのグラウンドが
  とてもきれいです。
  テレビでは味わえない距離感とファンの応援と生ビールが生観戦の醍醐味です。

    
e0307335_22301938.jpg

   思い、思いの観戦スタイルで試合を楽しみます。
   私は背番号6の坂本っちゃんタオルとリストバンドで応援!
   結構、野球好きの娘はジャイアンツカラーのオレンジタオルを首に!
   主人はせきにつくなり、生ビール!068.gif

   
e0307335_22411524.jpg


   大きな生ビール樽を背負ってスタンドをガンガン歩いていくお兄さんを
   捕まえるのが一苦労ですが、やっとビールにありつけました。
   うまい!持参のやきとりと枝豆でまずは一杯。

   試合は1回表から1点先取の巨人が終始リードでなんと、
   この日、スタメン選手全員がヒットを飛ばし、8-2でDeNAに勝利しました。
   坂本っちゃんも1ヒット、1ホームランを打ちました。
   中継ぎのマシソンの剛速球も見どころでした。や~、生っていいですね!
   また、来年も来れるといいな。頑張れ巨人。DeNA。

   横浜スタジアムグルメ情報!!!


     
e0307335_22535583.jpg


   すぐに売り切れとなってしまうご当地名物焼売チャーハンとみかんかき氷です。
   周りの人がいい匂いをさせて食べていたので来年は食べてみたいのですが・・・?
   みかんかき氷はいただいてきました。

  
    

by gaisky1221 | 2013-08-30 23:01 | その他 | Comments(0)

生徒さん作品

  

   先週、今週とレッスンにきていただいた生徒さんの作品です。
   

   
e0307335_2048662.jpg


   YUWAの靴柄が気に入ってペンたてを制作されました。
   内側生地をローズにしようか、グリーンにしようかなどと一通り
   チョイスを楽しみ、オレンジ色におちつきました。
   いつもながら丁寧にしあげていかれたNさん作品。


         
e0307335_2056080.jpg


  前回、アップさせていただたマカロン生地で自由工作のおじょうさんのママ
  Kさん作品
  なんと、ご自身で作られたタッセルをもっていらっしゃいました。
  適当に作りました。とおっしゃていましたがなんにでもトライ精神がすごいと感心005.gif
  初めてのキルト綿を使ったふっくら蓋もものすごくきれいにできて
  うれしくなってしまいます。

    お暑いなか、お疲れ様でした。

by gaisky1221 | 2013-08-27 21:04 | カルトナージュ | Comments(0)

大妖怪展

  
  
   猛暑をのりきるべく、先日は日本橋の三井記念美術館まで足をのばしてきました。
   国の重要文化財である三井本館はアメリカの新古典主義建築を取り入れた建物で
   溝彫りの支柱にアカンサスの柱頭模様が特徴のローマコリント様式がすてきです。
   (イオニア、ドーリア様式で三大建築様式)建築物ってテンションあがります。


     
e0307335_1313259.jpg


   お隣りに上空から見るとという字の形をしている日本銀行の建物があります。
   大妖怪展は平成17年に建てられた三井タワー7階で開催されています。


   展示構成は浮世絵の妖怪。妖怪フィギア。三井美術館所蔵能面の数々。
   江戸から明治の妖怪。
   近代の妖怪研究(柳田国男、平田篤胤など) 最後に水木しげるの世界。
   なかでも近代最後の浮世絵師、月岡芳年の見事な浮世絵に感嘆。
   江戸時代、妖怪を江戸の粋として楽しんだといわれている江戸庶民の粋に感心しながら
   浮世絵の芸術性の高さとあらゆる種類の妖怪を楽しんできました。

   もちろん美術鑑賞後は銀座へ移動し、銀座7丁目の椿屋本店でシフォンケーキで
   コーヒータイム。妖怪展の感想つきです。

   
e0307335_13214542.jpg

by gaisky1221 | 2013-08-20 13:23 | 趣味 | Comments(0)

クリップボード

 

  8月はのんびり休みを過ごしています。
  先月までレッスン場に置いてあったボードも(レッスン生募集リーフレット用)
  夏休みで我が家に戻っています。

  実は未完成クリップボードで、金具をつけておりませんでした。
  というわけでこのたび、ようやく、金具つきとなり
  次回の出番を待っているわけです。
  我が家に帰宅後、譜面台として大活躍なのでもうひとつ作ろうか思案中です。



               
e0307335_14493050.jpg




              
e0307335_14495572.jpg


   どなたか生徒さんさんにもおわけしましたが日本製で控えめな青色に
   大柄な草飾模様がなんともいえず、かなり私好みの生地です。
   秋からのカルチャーレッスンのためにまた活躍してもらいます。


                 
  
  

by gaisky1221 | 2013-08-15 14:57 | カルトナージュ | Comments(0)

青山のCICADAへ

  

  先週、お仕事仲間のMさんとMさんお奨めのレストラン、CICADAへランチに
  行ってきました。
 
  広尾から南青山に移転して2年がたったそうです。
  プールサイドパーティーでもできそうなゆったりした中庭があり
  パラソルのもとおいしいお料理とおしゃべりに花を咲かせることができそうですが、
  なにせ、この陽気です。
  もちろん奥のレストランスペースをMさん予約しておいてくれました。

  メイン道路からオープンスペースのゆったりしたエントランスまで
  カフェとベーカリーがあります。
  ウッドドアの前にカウンターとハイチェアーがあって
  とても広い空間になっています。
  写真撮影にはグッドなところばかりでMさんをモデルに撮りました。



      e0307335_19472939.jpg
e0307335_194867.jpg


     e0307335_1949502.jpg
e0307335_1950885.jpg



  



    

無垢の大きなウッドドアをあけるとアジアンなカウンターと
素敵な飾り棚がありました。
インテリアはバリのものだそうです。まるでリゾートホテルに
来ているみたいでしたよ058.gif
    
    e0307335_19573477.jpg 
e0307335_1958428.jpg
 




  長い廊下の奥にレストランスペースがあります。
  かなりのテーブル数ですがほぼ満席。     
  やっとお食事のお話しへ ランチコース3200円をオーダーしました。
  それぞれ、違うものをシェアーしようとしましたが
  CICADA10年来の人気ロングセラーメニュー 
  ひよこ豆のディップでハムスという薄く焼いたパンをオーダー。
  2人でおいしいを連発!
  もうひとつのヒットメニューはファロというドライ小麦と舞茸のクリームリゾット。
     (ほたてがのっています)
  10年人気のメニューが2種類もありました。

    
                 
e0307335_20265371.jpg



      
e0307335_2027271.jpg



            
e0307335_20275161.jpg


    デザートもアプリコットケーキ、マスカルポーネクリーム添えと
    同じものでかぶってしまいました。
    シェアとおしゃべりに気をとられ、写メとらずにたいらげちゃいました。
    Mさんとの会話はもっぱらAngelトークで盛り上がります。
    myAngelより2ヵ月お兄さんかな。
    

    帰りにはランチでいただいたパンを買ってバリのリゾート気分を
    満喫した1日でした。
   
    ちなみにお料理コンセプトは地中海沿岸料理だそうで
    CICADA独自のエッセンスが料理にいかされているそうです。
    ボリューミーで食べきれなかったです。008.gif
    




     
   


            

   

by gaisky1221 | 2013-08-13 20:16 | グルメ | Comments(0)

リトルプリンセス

 

本日、11月のハッピーウェディングに出席予定のAngelは
世田谷のとある子供ドレスショップへ
随行のもの3名。猛暑の中、大好きな電車に3度乗り換えて、
目的地の駅に到着。
ママ、B、Mちゃんはのどがからからでしばしティータイムに。
Angelも持参のおやつとアイスでエネルギー補給し
目的のドレスショップに着きました。

 

最近は場みしり、人見知りがはじまり、やや緊張気味のAngelは
入口を入った途端あっち、あっちといって入口をさして帰りたがりました。
一同、一瞬参ったなというアイコンタクト!008.gif
が、そこは目ざとく近くにあったミッキーマウスの巨大テレフォンを
目にしたBはAngelの気をそらすことに成功。
ママたちが可愛いを連発しながら親切な店長と試着ドレスを選び出しました。


  いざ、試着となりブロックと一緒に試着室に入るAngelとママ。
  1着目は何とか着おわって皆で可愛ゆい~をハモッテしまいました。



                
e0307335_23551961.jpg



どうかしら、私にあうでしょ!と片手をあげるAngelではなく
すでにだっこをおねだりし、試着を放棄しようとしています。
一番のママお気に入りの2着目の試着をいやがりだしましたが
なんとか着せてこれに決まりとほっとした一同。


      
e0307335_01393.jpg



ほっとするのはまだ早い!
フラワーティアラの選択で何とか一瞬頭にのせたところを
パチリできたのはバック写真のみでした。本番でかぶってくれるか疑問です。
そして、はおりのボレロとキラキラの白い靴を選んでようやく終了。


     
e0307335_085637.jpg



1時間あまりでショップをあとにしましたが帰り際に恐ろしい雷雨に
遭遇してしまいました。057.gif
Angel雷を怖がって泣いていました。
めまぐるしい1日本当にお疲れ様でしたね!
11月の結婚式のリトルプリンセス楽しみです。056.gif
   
   
   

by gaisky1221 | 2013-08-12 00:22 | Angel | Comments(0)

マカロン!マカロン柄で



  今日はとてもうれしいメールが送られてきました。
  カルチャーレッスンに通ってくださっている生徒さんからのメールです。
  小学生のお嬢さんが夏休みの自由工作でマカロン柄のSサイズトレイを
  作られるということでマカロン柄の生地をおわけしたのが昨日のこと。

  本日、可愛いトレイを手ににっこりとされた写メを送ってきてくださいました。
  ふだんからお母様の作られたカルトナージュ作品を見て、作りたいと
  おっしゃっているとのこと。
  トレイもいくつか復習で作られているほど優等生ママのお子さんだけある!
  と私めはいたく感動しました。

              
e0307335_02425.jpg


                041.gif なんて可愛いふたりなんでしょう
  

    マカロン柄はヒット柄ですね!もちろん、私も作っていますよ!


                  
e0307335_064372.jpg


             
e0307335_081977.jpg


   作り方の違うトレイと佐藤先生オリジナルデザインの2連フォトフレームです。
   マカロン柄で作りました。
     

  

by gaisky1221 | 2013-08-09 00:13 | カルトナージュ | Comments(0)

猛暑には読書と映画(華麗なるギャッツビー)

 

  もはや亜熱帯化しつつあるのではと思われるような日本の気候!
  ちょっとの外出にも汗だくで去年の脱水症を懸念し、熱中症予防に気を配ることを
  考えるとついつい出不精になっています。とはいえ、歩く好奇心人間の私。
  (じっとはしていない)
  
  6月封切りの華麗なるギャッツビーを鑑賞し、1974年のロバートレッドフォード
  ミアファーロー主演作品も見てみたくなり、さらにF.フィッツジェラルドの原作も
  読破しておもいきり華麗なるギャッツビー月間の7月でした。

  好景気にわく1920年代のアメリカ。上流階級の娘デイジーを一途に思い続ける
  主人公ギャッツビーの成就できない愛の物語。
  とひどくおおざっぱに書いておりますが
  2本の映画と原作の比較をしてみました。


  主人公ギャッツビーはアメリカ中西部の貧困な農家に生まれ
  上昇志向の高い野心家でもある
  第1次大戦最中、大金持ちの娘デイジーと出会い、恋に落ちるも、
  デイジーは別の男性と結婚。
  戦後、デイジーを忘れることのできないギャッツビーは再びデイジーの愛を
  取り戻すために奔走するが・・・・・054.gif
 
  F.スコットフィッツジェラルド自身、アメリカ中西部ミネソタ州の旧家ではあるが
  貧しい出自のためプリンストン大学時代には肩身の狭い学生時代を送っている。
  後に上流階級の娘ゼルダと出会い、紆余曲折を経て彼女と結婚。
  あきらかにギャッツビーに投影されている。
  

  仮面の男、ムーランルージュなどのきらやびやかな映像シーンを
  ギャッツビーの夜ごとのパーティーシーンで楽しませてくれた
  バズ・ラーマン監督の映像と演出はさておき、非常に
  原作に忠実に演じたディカプリオの演技に☆をあげたい。
 
  ロバートレッドフォードの美しいギャッツビーはもはやストーカーに
  近いくらいの思いこみでデイジー奪還にもえる!
  追憶の上流階級の坊ちゃん役のほうがはまり役と思える。

  
  ローズマリーの赤ちゃんを演じた神経質で気むらでチャーミングな令嬢デイジー役は
  ミアファーローに軍配をあげたい。
  リメークのデイジー役の女優さんも悪くはないけれど最後にギャッツビーを
  裏切る役どころとしてはミアさんぴったりでした。
  
  今回のもうひとつのみどころはコスチュームデザイン。
  プラダが担当し6月いっぱいまで青山プラダに展示され、一般公開されてました。
  見に行けず残念。
  アクセサリーはティファニー。
  特に可愛らしいデイジーのショートヘアーにダイアモンドの
  ヘアーアクセが素敵でした。

           
e0307335_18223152.jpg


  暑い夏、クーラーのきいたリビングでアイスコーヒーを
  飲みながらの読書もしくはDVD鑑賞もありでしょう!
  



  
  

by gaisky1221 | 2013-08-03 18:29 | 趣味 | Comments(0)

楽しいカルトナージュ  サロンドゥ カルトナージュ   認定講師


by GAI
プロフィールを見る
画像一覧