カテゴリ:趣味( 44 )

バレリーナのようなタッセル(タッセル本より)




  昨日は都議選の集計結果と藤井四段の30連勝ストップで
  わくわくの一日でした。

  また、先日はお友達たちと久しぶりにウッドビーズのリボンタッセル作り。
  私は本日完成。


  
e0307335_18360766.jpg

 
  器用なIちゃんは紺色とグレーの2段重ねシフォンで
  ギャザーは控えめですがおうちで後つけのネックのパールと
  ビーズでバージョンアップ!写メありがとう


 
e0307335_18401994.jpg

  
  私は思いっきりギャザーとパール満載。
  淡いペパーミントカラーですがおわかりいただけるでしょうか?
  暑い日も楽しいハンドメイドタイムでるんるん!


  参考本・楽しい糸遊び・おしゃれなタッセル&巻玉(著者カナダ恵子)
      主婦の友社より
  

  
  


  

by gaisky1221 | 2017-07-03 18:53 | 趣味 | Comments(0)

エルミタージュ美術館展



 どうやらロシアのサンクトぺテルブルグへは行けそうもない
 今日この頃を実感しだし、3/18~六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー
 開催のエルミタージュ美術館展へ


 エルミタージュ美術展は過去何度か開催されているなか、今回は
 16世紀から18世紀のバロック、ロココの巨匠名画85点を展示。
 初鑑賞の私は充分満足でしたが過去2度目のお友達は初鑑賞ほどの衝撃は
 なかったと?
 


e0307335_18391118.jpg


  それほどの混雑はありませんでした。いつものように音声ガイドを
  借りてゆっくり回ります。レンブラント、ルーベンス、フラゴナールなど
  エカテリーナ2世が収集してきた絵画コレクションが並びます。


  おそいランチを六本木ヒルズのフィンランドレストランですませました。
  お友達に初鑑賞の衝撃はなんだったのなどと聞きながら・・・。
  前回の国立新美術館での展示とは規模が違うようです。


  お土産のグッツを早速、飾りました。




 
e0307335_18510948.jpg


 ギャラリー入口の最初の作品、戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像
             (ウィギリウス・エリクセン1760年代)
 ポストカードを貴婦人のフォトフレームにゴージャスブレードあとづけで


 盗まれた接吻(ジャン・オノレ・フラゴナール1780年代)の額絵を
 アントワネット様からチェンジです。

 視覚がおおいに刺激されました。

 

  
  


by gaisky1221 | 2017-05-22 19:02 | 趣味 | Comments(2)

大型連休エピローグ・コンサートへ



ゴールデンウィーク・大型連休の始まりです。
家族旅行のようなビックなレジャーはいっさいなしです。
なぜってどこも混雑ですから・・・119.png

私は連休はじめに心を癒しに行ってきました。

東京フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団第62回演奏会へ
ゲスト、今年初めにその超絶技法に酔わされましたヴァイオリニスト
山根一仁さんです。


久しぶりの池袋・東京芸術劇場、エントランス部分の巨大なガラス張りの
アトリウムが特徴的です。
内外あわせて40点ほどのモニュメントも楽しめる。

絹谷幸二の5階天井のフレスコ画やエスカレーターを見上げると
天井からつられた金属モビールなどなど、美術品がたくさんです。

e0307335_14443294.jpg


コンサート内容は・ドビュッシー・牧神の午後への前奏曲
・ ハチャトリアン・ヴァイオリン協奏曲
・ ムソルグスキー・展覧会の絵

アンコール曲、山根君とオーケストラが2曲
大満足で次なるコンサートプランに夢はせながらお口も満足へ


e0307335_14584929.jpg


ルミネ8Fラ・メゾン・アンソレイユターブルのフルーツタルトで完璧。

心と体を大切に、ハッピーな一日でした。

by gaisky1221 | 2017-05-03 14:59 | 趣味 | Comments(0)

梯 剛之チャリティーピアノリサイタルへ



先日、知人のKさんが実行委員となっているチャリティーリサイタルへ
出向きました。
Kさんが大ファンの盲目のピアニスト梯 剛之さんにご出演をお願いしたので
ぜひとお声をかけてくださいました。



早速、クラシック通のKさん、Iさんにお声掛け!
梯さんは初めてなのでとコンサート参加のお返事いただき3人で
鑑賞してきました。


e0307335_15583762.jpg


モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなどおなじみの
作曲家6曲、アンコール2曲、非常にやさしい音色でした。


1月、2月と文化の香りに触れて幸せなことです。


コンサート前の小田急町田駅近のランチもなかなかでした。


e0307335_16043436.jpg


ヴィラ町田の月亭、新春御膳¥2000也、このボリュームで
この品揃えに一同満足でした。

この日も幸福感いっぱい!

by gaisky1221 | 2017-02-10 16:09 | 趣味 | Comments(0)

ミクニヨコハマランチと映画



本日も遊んでいます。
20年来のお友達たちと横浜スカイビル29Fミクニヨコハマでランチ。

  平日30食限定¥2300なり(税込)

  
e0307335_20572469.jpg

カブのポタージュ・鰆のグリル・アップルケーキ美味
一品づつの内容とお味がよかったです。
それぞれのマシンガントークがごちそう!
Angelトーク炸裂でした。


先日、封切りとなったJKローリングのファンタスティックビーストと
魔法使いの旅、さっそく鑑賞してきました。

ハリーポッター全作鑑賞派としてはこちらも観ておかねば。

e0307335_21054543.jpg

魔法動物となってトランクから出てきたところをカシャ。
どんだけミーハー!
魔法動物がきも可愛くて癒されます。

ねたばれはご法度、ご興味ある方はご覧あれ。

by gaisky1221 | 2016-11-28 21:14 | 趣味 | Comments(0)

本日は観劇報告



芸術鑑賞シーズン到来しています。
本当にお久しぶりの俳優座舞台鑑賞です、

お誘いいただいたのはもちろん俳優座座員のKさん。
古くからの知り合いです。
と友達のJさんと二人でうかがいました。

開演前に俳優座近くのいつもの待ち合わせ場所・ルポールへ

e0307335_20571192.jpg

ありゃー、ルポールなくなって工事現場となっています。
ネット検索、100歩くらい先に移転してまして無事
Jさんと会えました。あいかわらずマスターの趣味の良い店内。

e0307335_20594800.jpg


サンドウイッチの軽食のみですがボリュームがあって
ベーコンチキンにキャベツいためがサンドされていて
家庭的なお味。

開演15分前、本日は俳優座のお稽古場での上演です。
小劇場のようで俳優さんの熱気伝わることでしょう

Kさんのご主人安川先生が演出の常陸坊海尊
            (ひたちぼうかいそん)



e0307335_21074832.jpg


日本を代表する劇作家秋元松代さん作の幻想的な神話劇です。
こちらのパンフレット題字も安川さんの筆になるものです。
本当にインテリジェンスあふれるご主人です。


上演中、劇をもりあげる琵琶の音色。
薩摩琵琶語り手の岩佐鶴丈さんお一人のBGMが劇を一層
ミステリアスな世界へ引き込みます。

生琵琶はじめての私は感心することしきり。
閉演後の楽屋で3人でおしゃべりしつつ岩佐さんとも
お話することができました。

余韻さめやらぬまま帰宅の途につきました。











  

by gaisky1221 | 2016-11-21 21:27 | 趣味 | Comments(0)

マリー・アントワネット展へ


楽しみにしていましたマリー・アントワネット展へ
久しぶりの六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにて開催


平日でしたがかなりの混みようです。


   
e0307335_20251023.jpg

音声ガイドを利用し、1755/11/2ハプスブルグ家15番目の子として
誕生からスタートです。

両親である女帝マリア・テレジアと夫フランツ1世とその子供たちの
肖像画をかわきりに37歳でこの世を去るまでの多くの絵画と
美術品・調度品などが時代をおって展示されています。

唯一、撮影がゆるされている王妃のお部屋
以前ベルサイユ宮殿訪問で見た家具、調度品の並はずれた質の良さに
驚嘆しました。(しかしそれも完全修復とはいかないことも事実です。)


e0307335_21170292.jpg

  
e0307335_21180994.jpg

日本でもアニメベルばらで一躍世に知れわたった生涯の恋人フェルゼンの
肖像画やラブレターが興味深かったです。
コミカルなお顔立ちで固定観念とは(絶対イケメン)恐ろしや!

1793断頭台のつゆと消えエピローグ
果たして展示してあったマリーの片方の靴は本物か?

鑑賞後ももくもくと想像をめぐらせショップへ

出口へと向かう頃には夕闇がせまる六本木ヒルズから見える
様々な景色が美しかったです。

by gaisky1221 | 2016-11-20 21:31 | 趣味 | Comments(0)

ハドソン川の奇跡



  芸術の秋、過ごしやすい季節に入るととたんに観劇、コンサート、美術鑑賞など
  情操刺激に走りたくなるから不思議です。

  見たい映画がやっと上映されていってきました。

  
  トムハンクス主演、ハドソン川の奇跡。
  2009/1/15に実際に起きたUSエアウェイズのハドソン川着水航空機事故が題材。

  飛行機好き、主演トムハンクスとあらばと主人も一緒でした。

  乗員・乗客155名全員の命を救ったトム扮するサレンバーガー機長の判断は
  正しかったのか?
  国家運輸安全委員会(航空機事故裁判)で詰問されてしまうのです。

  きらりと光るトムの演技が主軸となってヒューマンドラマに仕上げていくこのタッチ
  見終わるまで知らなんだ、やっぱり、監督クリント・イーストウッドでした。

  幾度となく繰り返される着水までのコックピットの緊迫映像シーン。

  飛行機に乗りたくなりました。
  次回、鑑賞予定はブリジット・ジョーンズの日記。10/29~待ち遠しいです。


   
e0307335_21090333.jpg

    余談ですがはじめてIMAXなる映像で鑑賞してきました。
    映像サイズ、音響、効果すべてに通常より大きいので臨場感はあるのですが
    アクション映画などには迫力ありすぎでは?

  

by gaisky1221 | 2016-10-19 21:15 | 趣味 | Comments(0)

西洋更紗トワルド・ジュイ展へ



   フランスのトワルド・ジュイ美術館より渋谷BUNKAMURA
    ザ・ミュージアムへ日本国内初のトワルド・ジュイの世界を
   包括的に紹介する展示です。

   ミュージアム入口にある数点のカルトナージュ作品に感激。

   
e0307335_21200688.jpg
   
      チケットを渡すと目に飛び込んでくる等身大の「茜色の鹿」
      ジョエル・ボーベルデザインによる茜色のトワルド・ジュイで
      覆われた狩人のためのおとり(2010)残念ながら画像無し。

      プロローグは田園モチーフの源泉、3点のタピストリー
      (1600年代のもの)
      インド発祥の更紗作品展示へ
      精緻な手描きに金箔をほどこした技法の作品にため息。

      日本の和更紗作品の展示をへてジョイ・アン・ジョザスの
      工場設立の展示へ

      トワルルド・ジュイをフランス中に知らしめた優秀な技術者
      オーベルガンプによって次々と生み出さた作品の数々が
      並びます。

      独特の田園風景を生み出したデザイナー画家のジャン・バティスト
      ユエの原画なども鑑賞できます。

      
e0307335_22004767.jpg

      
      見応えのある展示のお楽しみの最後はお買いもの
      トワルド・ジュイ図禄集と今だ判明しない天蓋の下にたたずむ
      2人の貴婦人。どちらかがマリーアントワネットといわれる
      題名お城の庭、ほか2枚の布をゲット。

      お城の庭クリアファイルとチケットいれもお買い上げ。

      ジュイワールドの世界に酔いながら小腹を満たしに
      隣接のドゥマゴパリにてキッシュアラカルトをいただくことも
      押さえてます。

      こちらの入り口にもマカロンタワー・ぺルメル・豪華な
      2段トレーがお出迎えでした。

      トワルド・ジュイの意(ジュイの布)の存在感抜群のカルトナージュ
      の数々でした。

      発色の大変きれいなジュイの布、実物と対面できて幸せな時間
      を過ごすことができました。


      
e0307335_22073458.jpg


      

by gaisky1221 | 2016-06-29 22:24 | 趣味 | Comments(0)

ヴァイオリンの音色に癒されて!




     桜咲く良き日に新入学、新社会人としてスタートを切る4月

     本日はみなとみらいアイメイトチャリティーコンサートで
     心をスイッチングしてきました。

     恒例となりました知人のKさんのお計らいです。

     
     今回は神奈川フィルのコンサートマスターをつとめるヴァイオリニスト
     石田泰尚氏の呼びかけにより結成の弦楽ユニット石田組13名


   
     
e0307335_21011598.jpg



     全身ブラックスーツの男性12名が舞台に、最後にサングラスの
     組長石田さんスタンバイされてまずはこの曲からスタート
    
     グリーグ:組曲[ ホルベアの時代から]作品40
     弦楽合奏用に編曲された美しい旋律、どこかバッハを彷彿とさせる

     2曲目 シューベルト: 弦楽三重奏曲第2番

     休憩をはさんで最後にヴィバルディーの四季

     ヴァイオリン6名、ビオラ3名、チェロ3名、コントラバス1名
     最後にピアニストの中島 剛さんがチェンバロの14名の四季
     弦楽合奏のバランスがよく奥行きのある音色がコンサートホールに
     響き渡っていました。

     2度のアンコール! この日もやさしいヴァイオリンの音色と
     可愛いアイメイトちゃん達に癒されてきました。

     
e0307335_21002372.jpg




by gaisky1221 | 2016-04-03 21:03 | 趣味 | Comments(0)

楽しいカルトナージュ  サロンドゥ カルトナージュ   認定講師


by GAI
プロフィールを見る
画像一覧