カテゴリ:旅行( 15 )

熊本旅行グルメ編

  


   熊本旅行記もやっと最後のグルメ編までまいりました。
   と、その前に午後の便で帰宅予定なので朝一おおいそぎで
   熊本城の北西に位置する細川刑部邸を見に行きました。


    e0307335_21291987.jpg
e0307335_21294740.jpg








    大手門を入ってすぐ左の通路に目も鮮やかなもみじがお出迎えしてくれました。
    それはそれは見事な緋色でたくさんの方々がマニアックな写真撮影を
    されておりました。
    紅葉を堪能しつつ正面をまた右に曲がると細川邸の玄関です。
    

    さて、前日熊本の郷土料理と馬刺しを食べたいとリサーチしておいた
    地元民に愛されている小料理屋のけんぞうさんに予約をいれておきました。

     
       
e0307335_21445844.jpg


    銀座通りのビル地下1階にあり店内はカウンター前の小上がり
    奥にも小上がりで25名程度の小料理屋さんです。
    
    私たちはカウンターに案内されどうやらオーナーのけんぞうさんとご対面
    できたようでした。ここから、怒涛のうまいもん話しに華がさきました。


        
e0307335_22302958.jpg

      
   それはなんといっても初めに霜降りの馬刺し注文でしょう。
   うまい~とろける~!
   馬刺しのメッカ、山梨出身の夫や親戚筋は長野、岐阜とあってよく馬刺しを
   いただいていたので久しぶりの馬刺しに夫婦で感激。

    e0307335_221164.jpg
e0307335_2214089.jpg



   初めていただいた心根さし。何だと思います。
   お馬さんの心臓の血管です。キャー!
   私の大好きなこりこりの食感でなんのくせもないです。
   そして馬串焼き。あばらの身を巻き巻きして焼いてあります。
   これもあっさりしています。


   e0307335_22144090.jpg
e0307335_22145960.jpg




   郷土料理も頼みました。からしれんこんと一文字くるくる。
   からしレンコンはあげるとおいしいそうでマヨネーズでいただきます。
  
   一文字は分葱の白い部分を青みでぐるぐるまいて
   からし酢味噌でいただくお料理です。


  これでだご汁をいただくと代表的な熊本郷土料理ベスト3は
  いただいたことになるのでしょうが
  ホルモンも食べてしまい、馬にぎりもいただいたあとでは
  だご汁は満腹でお腹に入る余地なしでした。


    e0307335_22274041.jpg
e0307335_2231950.jpg



    なんてったっていもでしょう!熊本といえば?焼酎。
    けんぞうさんオリジナルの芋焼酎を酒屋さんで
    作ってもらっているとのことで酒好きの夫は色々いただいていました。


    けんぞうさんからおみやげ耳より情報を教えてもらい
    帰りにアーケードにあるダイエーで熊本ラーメンをおとな買い。
    その名もアベックラーメン2人前100円しないのにおいしいです。
    そして、馬刺しは近所の村上精肉店をおしえてもらい
    帰宅日におみやげにしました。
   
    甘味はうまかもんだけが好みでおとな買い。


    またの再会を祈って熊本旅行から帰ってまいりました。

     
    


      

    

     


    

by gaisky1221 | 2013-12-14 22:46 | 旅行 | Comments(0)

熊本旅行パート2


  本日はいよいよ熊本城の核心に迫ります。長塀のある竹之丸を通り、二様の石垣に魅せられ、
  徐々に天守閣へと近づいていきますが、こんなに広く見応えのあるお城とは思ってもみなかったです。
 

  ここで熊本城のあらましを一言。現在のお城は加藤清正が7年の歳月をかけて築城し、周囲5.3㎞
  面積98万㎡。(東京ドームの28倍)築城からはなんと400年以上を迎えています。
  加藤家改易後は細川忠利が肥後54万石の城主となり、以後240年間細川の居城となります。
  明治時代には西南戦争の場となり、戦争直前に原因不明の出火で天守閣や本丸御殿などが
  焼けてしまったそうです。残念!これだけのお城002.gif

  いよいよ、天守閣へ登城。大天守は地上6階、最上階は望楼となっていますが西南戦争で
  焼失してしまったのでもちろん復元されています。外観は白漆喰に黒腰壁の景観ですが
  残念ながら、中はコンクリート建築です。古地図、今までの出土品、お城復元模型などなど
  見学し、小天守へ移動。


    
e0307335_16522736.jpg
 


   天守閣広場におもてなし武将隊(なかなかの人気 )の御ひとり、森本源之進殿がいずこからと声を
   かけてくださり、思い出に一枚。ポーズをとってくれました。
   加藤清正公はじめ7~8人の家来役でシフト勤務してるそうです。本丸御殿のショータイムや
   日に3場所でのデモアピールかな?


       e0307335_16593395.jpg
e0307335_2112349.jpg

  
        ちゃんとお抹茶でティータイムもおさえてきました。




    
e0307335_2134991.jpg


                    400年以上前の宇土櫓



   天守閣を降りて、次にめざすは天守閣西側の曲輪、平左衛門丸にある宇土櫓でした。
   大天守に次ぐ規模で小西行長の居城である宇土城を移築したとされています。
   地上5階地下室を備え、ここの石垣は熊本城内で最も高さがあります。
   櫓は矢を貯蔵した場所、つまり武器庫、物入れです。城内は暗く、冷たい板張りの廊下や
   小部屋が延々と続きます。暗く、寒く、怖かったのですが最上階で係りのおじさんに説明をうけ
   ほっと一息入れました。加藤神社鳥居脇のお立ち台から望む宇土櫓はカメラ小僧にはたまらない
   雄姿です。



   e0307335_212855.jpg
e0307335_21304643.jpg


    お城の正規登城ルートの西大手門から写真の頬当門へ
    まるで門が頬をあてて城をのぞんだように見える
    ところからこの名がついたそうです。

   左は復元された本丸御殿の床下通路
   闇ご門から続く闇り通路。
   大名文化の粋を集めた本丸御殿は
   往時の様相をとりもどしました。すべてがゴージャス。


   その後、加藤神社にも参拝し、頬当門から再入場。帰路は曲輪の東側、東竹之丸の
   重要文化財に指定されている櫓群(復元されてます)5期を見つつ、不開門からお城を
   あとにしました。いやあ、見応えありました。1日では完全制覇できませんでした。
   to be continue


   
     


   

  

  
  
by gaisky1221 | 2013-12-12 22:09 | 旅行 | Comments(0)

熊本城と馬刺し堪能旅行パート1

 
 11月末、恒例の結婚記念日旅行に熊本城と馬刺し堪能旅行に行ってきました。
  
  夫婦ともに仕事で熊本に幾度か足を運んだことはあるのですが
  熊本城見学経験がなく夫の切望ととともに弾丸ツアーでした。
  (強力な肥後もっこすウィルスをひきつれて帰宅のため、
  発熱してしまいブログアップがたいへんおくれてしまいました。)


  羽田を経って1時間40分ほどで熊本空港に到着。
  リムジンバスで市内まで40分ほど。
  
  お城近くに熊本のメイン繁華街があり、ライトアップされた熊本城の見える客室と
  繁華街のド真ん中をと思いホテルチョイス。
  ホテルのほぼ真向いに九州第2のアーケード街下通りと上通があります
  近くに天守閣も見えてる!
  すごい規模にウインドウショッピング大好きな私はテンションあがりまくり。

  e0307335_22292099.jpg 上通 
e0307335_22295679.jpg
下通




  市役所、デパート、オフィース街付近の通町筋から北へ道路幅11メートルで
  パリのオルセー美術館を参考にしたアーケードが400m続きます。
  きれいで大きいアーケードです。
  南へ続く下通は幅15m、511mにわたって飲食、商業店舗がびっしり。


  空港から持ってきたグルメガイドでチェックした市役所裏の
  熊本ラーメン店なごみやで早めランチをして熊本城へGOー!


  繁華街から10分ほど歩き、天然外堀の坪井川沿いから厩橋を渡り
  お城の南東須戸口から入城。



   e0307335_2253254.jpg
e0307335_22531859.jpg







   須戸口門から打ち込みはぎという作りの石垣がガンガンあらわれ
   さらに進むと竹之丸という曲輪(昔は建物管理補修部署と材木蔵あり)スペースに
   日本最長の長塀が姿をあらわします。
   242mの白漆喰に腰壁のコントラストも美しく、延々と続いていきます。長~い!

   ここから49もあったといわれる櫓の石垣群が緩やかな勾配とともに
   幾重にもあらわれてきます。
   入場の時、1日では観覧できないよといわれたのも納得です。
   そして、現れました。有名な二様の石垣が・・・。


   
e0307335_231921.jpg



   加藤家→穴太積み、細川家→算木積みという角の石積みで
   地上から非常に緩やかな曲線を描き4.5間ほどから急勾配となる
   武者返しの石垣が目の前に。
   敵の侵入を防ぐのに効果大。
   
   細川家時代の増築した石垣は勾配がさらにきつくなっています。
   清正は穴太という特殊技術集団の石工を擁していて江戸城の土木普請を
   (現日比谷、桜田あたり)浅野家とともに行ったとされています。
   なんてことを考えながら、大天守閣と二様の石垣にうっとり!
   なかなか、先は長い。本日はこれまで!これでも随分つぶやき少なめです。
   to be continue tomorrow



     
  

by gaisky1221 | 2013-12-11 23:47 | 旅行 | Comments(0)

八ヶ岳山麗小淵沢へ

  

   8月夏休み時期の旅行は混雑のため、9月に出かけけることが多いのですが
   8月のレッスン時にOさんから星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳のお話しを伺って
   どうしても行ってみたくなってしまいました。
   
   なんといっても、ジャグジー室内プールで泳ぎたい願望がどんどん膨らんでいき、
   加えて涼しい八ヶ岳山麗にポジし、乗馬体験もできるし。などと考えて速攻
   インターネット予約とにらめっこ。

   とれるはずありません!ここは人気あるんですは!
   更に思いつきなので主人、娘と私のスケジュールがやっとあっても1泊が限界。
   

   さんざん悩んで星野リゾナーレのプールはゲストで利用し、すぐ近くの八ヶ岳Hに
   なんとか予約ができました。


      
e0307335_22264266.jpg

  
   痛い水着姿もなんのその、1時間おきに15分ほどおきる波のプールも堪能しました。

   
e0307335_22341124.jpg

 
   一晩中、降り続いた雨もなんとかやんで曇り空の朝を迎えましたが空気が
   気持ちよかったです。
   
   ホテルチェックアウト後向かったのはすぐ近くにある道の駅。今、全国の道の駅を
   ニュースなどでとりあげられているだけあって地元の特産物が豊富に
   取り揃えてありました。
   
   山ならではのお野菜、果物、大好物のきのこなどなど。お野菜を買うお客さんが
   たくさんいました。
 
    
e0307335_22445142.jpg

   小淵沢といったら、お馬さんがたくさんいる牧場だらけです。
   本格的な乗馬学校が目白押しです。

   道の駅で買い物をすませたやさきに駐車場横を歩いていくお馬さんに
   遭遇しました。可愛いなとシャッターをおしました。

   この日は買い物スケジュール満載です。
   前日立ち寄った甲府バイパスのうどん屋さんで教えてもらった
   JA全農山梨たべるじゃん!によってリーズナブル価格でおいしい巨峰、
   ピオーネを送る手はずと自宅にもたくさん購入できました。
   
   ここ、ぶどうの時期にはいいですよ!
   地元のことは地元の人に聞くのが一番です。

   次はワイン!ワインといえば勝沼です。
   こちらも数年前に地元のかたに聞いてからは
   
   ワイン購入はここと決めています。その名も原茂ワイン。
   
   130年前の大きな蔵をショップ(1F)にしています。
   2Fはライトランチのできるカフェスペース。
   以前はお茶だけだったのにランチめあてですごい人でした。

     
e0307335_23768.jpg


    
e0307335_2395015.jpg


    最後に娘のリクエストで山梨の武田神社へ参拝。
    
    鳥居と拝殿と本殿が南から一直線に配置されています。
    
    向拝にはかかせない神社の屋根の唐破風がたまりませんでした。(拝殿の)
    (洋建築も日本建築も構造体はおもしろいです。)
    中心の弓状とかなりのカーブとなっている垂木が見事です。

   
  
e0307335_23222189.jpg


    ラッシュをさけるべく山梨出発を早めにしましたが車中だけでも5時間以上は
    しんど~い!体力なしになりつつある。
    でも、充実の八ヶ岳旅行でした。
   
    


   
   

       
   

   




   
  

    

by gaisky1221 | 2013-09-06 23:34 | 旅行 | Comments(0)

箱根にAngelと

 

温泉旅行といえば箱根にはじまり箱根に終わるというくらい我が家は箱根が
大好きです。
湯本温泉まで車で1時間30分弱。東京に行く感覚で温泉につかることができるのです。
箱根温泉めぐりも七湯はずいぶんと早くに達成し、17湯は大平台温泉を残すのみと 
なりました。

昨年11月の堂ヶ島温泉以来4ヵ月ぶりに湯本へ
今回はAngelファミリーのご招待といううれしいプレゼントつきです。
Angelパパママは箱根スイーツフェアとAngelの大涌谷デビューとドラえもん展
100も企画していました。

初日、湯本での豆腐処荻野の豆乳いちごプリンをめざし、Angelパパママ外出。
じい、ばあは早くにチェックインしAngelと温泉を楽しみました。
(この日、のきなみ定休日で空振りでした。リサーチ不足)

  
e0307335_203736.jpg 翌日、あいにくの小雨にもめげず大涌谷へ 1個で7年寿命が延びるという名物温泉卵を全員でいただいた上、お土産にゲット。私は食べた回数から考えると100歳は超える計算に!e0307335_19331857.jpge0307335_19321558.jpg











 芦ノ湖畔、桃源台ロープウェイ乗り場近くの仮設テントに等身大のドラえもんが  60体のフィギアで(ドラちゃんは身長と体重が同じ129.3だそうです。)

   動物はみなわんわんというAngelですが
   ドラちゃんツーショットは恐怖におびえ
   半べそ状態でした。残り40は別場所に








 イベントの後はランチに県道75号の箱根園入口信号にある福満園へ
 箱根で中華レストランは少なく、貴重なお店としてたまに利用します。 
 山の上から一望できる芦ノ湖を堪能 しながらお食事をしました。 
 福満園は横浜中華街が本店で四川料理のマーボー豆腐が
 有名です。                            


中華料理で満腹と思いきや、Angelパパママはスイーツに心残りがあったようで
久しぶりによった史跡小田原一夜城の駐車場スペースになんとあの鎧塚パティシエの
yoroizuka ファームがあるじゃないですか!(2年前にオープン)
当然、、スイーツは別腹でしっかりティータイムしてきました。
お店は焼き立てのパンとスイーツを購入する人でいっぱいでした。   
中身の濃い箱根旅行となりました。


            
e0307335_20252848.jpg



  


   
   



   

 

 

   

   

by gaisky1221 | 2013-03-21 21:23 | 旅行 | Comments(0)