カテゴリ:グルメ( 44 )

ラ・ロシェルで旬のかぶを

   

 お友達のK子さんとラ・ロシェルランチの日がやってまいりました。
 今回のテーマは蕪でございました。蕪は年2回、旬があるようで春の今どきと初冬からの
 2回だそうです。知らなんだ!

   
    e0307335_20345169.jpge0307335_20351646.jpg   








     チャペルを横目に奥まったおしゃれなエントランス

     e0307335_2040635.jpge0307335_20403021.jpg










アミューズでK子さんすでに感動の嵐。イサキのゼリー寄せ、白アスパラのムース
手が込んでいて上品なお味。お次はまて貝の山椒風味・・・・・!蕪のブイヨンをそえて。


    e0307335_2047594.jpge0307335_204746100.jpg









 蕪のスープ、メインに子牛タンとバジルに覆われた串焼きのフォアグラ
 食材と調理法の手の込みようがすごい。


      e0307335_20533895.jpge0307335_20542263.jpg

   







  口直しのすもものゼリーとアイスクリーム。
  ワゴンのスイーツサービス、全品いただきました。
  本日はグルメで至福の時をでした。


   追記  K子さんからこのようなものをいただきました。
        保温力抜群のムーミンのシリコンカップラバー


    
e0307335_212772.jpg




   
by gaisky1221 | 2014-04-27 21:03 | グルメ | Comments(0)

初物竹の子

 

   満開の桜を満喫し、小春日和には春の息吹を目いっぱい感じつつ、散歩の毎日。
    Angelと遊んだ近所の公園や部活にいそしむ高校生の姿.
    陽だまりのベンチで休息をとるマダム。
     毎日、通院の私ですが道中の光景、なかなか発見があります。


   昨日は帰宅途中によったスーパーで立派な筍が目にとまりました。
   今年の初物です。早速、娘に米ぬかでゆででもらい、皮をむいてもらいました。


   
e0307335_23422246.jpg


   皮つきの筍は巨大でしたが皮をむいてしまうと随分小さくくなってしまったことに
   娘は驚いていました。
   こんなときでもないと筍の下処理はおろか、筍料理などしたことがなかった
   娘にとっては発見の連続。しっかり覚えたようです。

   
e0307335_23515771.jpg


   薄口しょうゆとおだしでじっくり煮込んだ若竹煮。美味でございます!

   

by gaisky1221 | 2014-04-15 00:02 | グルメ | Comments(0)

男の料理?とオリーブオイル

  

 昨日のこと、カルトンをカットせず自身の指をカットしてしまった私です。
 親指先の傷はちょっとばかり縫い縫いしまして本日レッスン予定の生徒さんには
 ご迷惑をかけてしまいました。サザエさんなんです。そこで~006.gif


 本日からキッチンに立ってもらっています。おっとっとに。
 普段はお炊事とは縁遠い方なのでしめたと思いました。
 テープで膨れ上がってゴム手袋もできず、ずきずき痛むはでと大げさに
 リアクションして本日の晩御飯は鬼嫁指揮のもと、男の料理スタートです。

  
   e0307335_20484060.jpge0307335_20515212.jpg











まずはにんじんの千切りをかわきりになにができるのかしら?おー、手つきいいですね!
などと乗せながらひじきの煮物製作中。


   e0307335_20561847.jpge0307335_20584335.jpg



























2品目のチキンのソテーにとりっかかっています。
つけあわせの簡単野菜マリネのお野菜をカットしおわったところでもう飽きた!といって戦線離脱。
なんとか8合目までたどりついたから仕方ないかとマリネの味付けは私が担当。
いつもながらフルーティーなエクストラバージンオイルでしあげをしました。   
このオリーブオイルはギリシャに詳しくギリシャ大好きな従妹からプレゼント
してもらって以来、大ファンとなって毎年お取り寄せしている
クレタ島のオリーブオイルです。
   
 オリーブオイルの効用は活性酸素の生成を抑える抗酸化作用にすぐれているビタミンEや
 ポリフェノール、オレイン酸などが多く含まれています。
 血液さらさらにして動脈硬化を防ぎます。
 活性酸素はしわ、しみにもかかわってるんです。美容食品でもありです。
   

   
e0307335_2123358.jpg


 若見えの秘訣の一つお教えしちゃいました。まだ色々ありますよ。
 今度別バージョンを!
 毎朝、お野菜に大さじ2杯のクレタのエクストラバージンオイルをかけて
 家族で食べてます。
    (ちなみに加熱向きはピュアオイルだそうです。)


  男の料理完成です。私の力作の小鉢と緑釉たたら手び練りのお皿に盛られたお料理
  おいしかったです。ごちそうさま、明日もよろしく!


   
e0307335_21322335.jpg



    

   
   


      
    

by gaisky1221 | 2014-04-10 21:45 | グルメ | Comments(0)

久々のラ・ロシェル


  
 フレンチの坂井シェフで有名な南青山のラ・ロシェルにお友達のKさんと
 初めての来店です。

 今は故あってクローズとなってしまった渋谷店に日参していたKさんからのお誘いで
 私も随分通いましたが、クローズと聞き、残念で仕方ありませんでした。
 その後は溜池山王店へいく機会が増え、このたび、青山店デビューの私達。


     e0307335_22375133.jpg
e0307335_2240713.jpg


 入口でにこやかな女性のお出迎え、レストラン内は作り付けのガラスシェルフが
 インテリアのポイントになっています。
 テーブルにつくといつものアントン・モルナーの挿絵メニュー―がお出迎えです。

     e0307335_2248211.jpge0307335_2250157.jpg









 アミューズもキャベツが主題だそうですがキャベツとは思えない凝ったお料理です。
 白子をキャベツで包みポアレ、キャベツブイヨンフォアグラを入れて!てな具合。
 Kさんの感想。ロシェルは期待を裏切らない!おいしいの5乗。
 とも言っておりました。

e0307335_2325135.jpg


  メインの牛頬肉の赤ワイン煮込み。ソースも頬肉もトレビアン!
アーモンド型のプレートも縦にテーブルセットでした。
写真撮り間違えではありません。

e0307335_2382017.jpg
e0307335_2392942.jpg


   
e0307335_2317597.jpg


  お口直しにフルーツのスープ。相変わらず、専属パティシエの作るデザートは
  すべて美味しい!


  ワゴンにあるもの全種の勢いでカットしてもらいました。
  最後に長野出身の石井シェフのふるさとの赤しそ茶がしめにぴったりでした。
  ごちそうさま。また、再来月の予約をKさんと入れて帰りました。

by gaisky1221 | 2014-03-02 23:18 | グルメ | Comments(0)

パークハイアット東京梢でランチ

 
  高いところでお食事することが好きです。(お値段ではありません)
  
  昨日もパークハイアット東京の40階梢でお友達とランチしてきました。
  晴天のこの日はまっすぐに伸びた眼下の甲州街道、
  八王子方面の先に富士山の山頂がかすかに見えました。
  新宿のビル街や、スカイツリーなど高層ビルからの眺めは
  楽しいものです。
   

  あらかじめ、お食事&デザートは41階のピークラウンジに
  移動してゆったりとティータイムできる圓(えん)のコースを予約しておきました。


    e0307335_2247104.pnge0307335_22475328.png








 梢の窓側、テーブルの高さまでの腰壁から高い天井までのガラス窓が
 解放感と外の景観をひきたたせてくれます。
 内装は和食にふさわしく黒、ウェンジカラー(テーブル、チェアー)
 ミディアムブラウン(フロアー)でシックにまとめた木調になっています。
 ガラスとWOODの融合、ジャパニーズモダンテイストでおしゃれ。



     
e0307335_2341113.jpg


          まずは上品なおだしの蟹しんじょと笹子鯛菜種のばら子和へ



      e0307335_2391333.jpge0307335_239469.jpg







 素敵な袱紗で登場の本漆のお重 、
 袱紗をとると現れた一ノ重二の重
 極上の和食です。

 
  かなり、満腹になったところで解放感溢れる41階ピークラウンジに移動し、デザートタイム。
   
   
      
e0307335_2322690.jpg



  ゆったりとしたソファーでイチゴタルトとハーブティーをいただきました。
  大多数の方がアフタヌーンティーをいただいていて少々、うらやましかったです。
  満腹なれど、目が食べたい!いやしい私。
  ここはリピーターになってしまうほど素敵な空間です。
    
    

     













      
     
    


       







     



 
   

by gaisky1221 | 2014-01-29 23:30 | グルメ | Comments(0)

スペイン料理カサ・デ・フジモリ

 

  昨年、ジャズライブにいって発見した横浜の老舗スペイン料理レストラン
  カサ・デ・フジモリへ行ってきました。
  知らぬとはいえ、ライブハウス近くで何気なく入ってみたものの
  平日でも満席とは!予約なしではきびしいほどの人気店でした。
  今回、その時の友達とリベンジです。

  スペイン瓦と塗り壁とスペイン国旗の店構えを入ると
  ほんまもんのスペイン色満載の店内。
  塗り壁のあちこちにカラフルなスペイン陶器の絵皿が飾られ
  いかにもアンティークなスペイン家具がよい具合に配置され
  極めつけは店内奥の200年前の車輪のシャンデリアがお出迎えでした。

   
e0307335_16384347.jpg



      
e0307335_16411631.jpg


   まずはタパス(前菜)からですが10種類以上はあり内容豊富です。
   アボガドとサーモンのサラダを いただきました。

  
e0307335_16432096.jpg



           サラダは健康志向の私達らしく、焼き野菜のマリネにしました。



   
e0307335_16445829.jpg



  一番気に入った、子やりいかの墨煮を少量のごはんにまぜていただきました。
  うに、いくら好きの人にはたまらないと思います。すごくおいいしい!
  お店のかたが気をきかしてくれてあっというまにソースとごはんをまぜまぜに・・・・005.gif
  真っ黒な被写体となっております。


      
e0307335_16514360.jpg



  美味しいと評判の漁師風魚介類のパエリアは最後のこげめも残さずいただきました。
  あいかわらず、話に夢中でよくかんがえてみたら、エスカルゴも入っていたような?

     
e0307335_16565239.jpg



  デザートにもこだわりがあると思います。もすごくライトなミルフィーユとおいしい
  カスタードクリームとたくさんのフルーツのとりあわせがよかったです。
  白ワインにつけたフルーツが入ったミルフィーユ、ミルオハ・カルターニャでした。


    関内には老舗レストラン、ジャズライブハウスあり。
    みなとみらいとは違う別の横浜の魅力があります。
    

by gaisky1221 | 2013-11-24 17:07 | グルメ | Comments(0)

北鎌倉プランデルブへ


お友達のKさんTさんと久しぶりに北鎌倉のプランデルブへランチに参りました。
このレストランは北鎌倉駅から送迎車が随時でています。
   (ただし、前もって予約時に送迎をお願いすると)

コムアンオアゾーから久々ランチなので積もるお話しで時間もあっという間に
過ぎてゆきました。
今回は今年パール婚を迎えたKさんご夫婦にフランスシャンパーニュ地方の
シャンパンで乾杯しました。


    
e0307335_1953442.jpg


  
   
e0307335_19563282.jpg


          前菜  やりいかのグリエと鎌倉野菜の暖かいサラダ

    
e0307335_19592353.jpg
     


                     かぼちゃの冷製スープ

    
   
e0307335_2002923.jpg


                   仔羊背肉のローストタイム風味 


    
e0307335_2021220.jpg
 

    
        デザート  巨峰のクリーム、マスカットワインのエスプーマ

    
 何度、訪れても今回は???ということのないフレンチレストランです。
 手入れの行き届いたお庭も食欲増進に一役買っていると思います。
     
   

   

by gaisky1221 | 2013-09-29 20:08 | グルメ | Comments(0)

青山のCICADAへ

  

  先週、お仕事仲間のMさんとMさんお奨めのレストラン、CICADAへランチに
  行ってきました。
 
  広尾から南青山に移転して2年がたったそうです。
  プールサイドパーティーでもできそうなゆったりした中庭があり
  パラソルのもとおいしいお料理とおしゃべりに花を咲かせることができそうですが、
  なにせ、この陽気です。
  もちろん奥のレストランスペースをMさん予約しておいてくれました。

  メイン道路からオープンスペースのゆったりしたエントランスまで
  カフェとベーカリーがあります。
  ウッドドアの前にカウンターとハイチェアーがあって
  とても広い空間になっています。
  写真撮影にはグッドなところばかりでMさんをモデルに撮りました。



      e0307335_19472939.jpg
e0307335_194867.jpg


     e0307335_1949502.jpg
e0307335_1950885.jpg



  



    

無垢の大きなウッドドアをあけるとアジアンなカウンターと
素敵な飾り棚がありました。
インテリアはバリのものだそうです。まるでリゾートホテルに
来ているみたいでしたよ058.gif
    
    e0307335_19573477.jpg 
e0307335_1958428.jpg
 




  長い廊下の奥にレストランスペースがあります。
  かなりのテーブル数ですがほぼ満席。     
  やっとお食事のお話しへ ランチコース3200円をオーダーしました。
  それぞれ、違うものをシェアーしようとしましたが
  CICADA10年来の人気ロングセラーメニュー 
  ひよこ豆のディップでハムスという薄く焼いたパンをオーダー。
  2人でおいしいを連発!
  もうひとつのヒットメニューはファロというドライ小麦と舞茸のクリームリゾット。
     (ほたてがのっています)
  10年人気のメニューが2種類もありました。

    
                 
e0307335_20265371.jpg



      
e0307335_2027271.jpg



            
e0307335_20275161.jpg


    デザートもアプリコットケーキ、マスカルポーネクリーム添えと
    同じものでかぶってしまいました。
    シェアとおしゃべりに気をとられ、写メとらずにたいらげちゃいました。
    Mさんとの会話はもっぱらAngelトークで盛り上がります。
    myAngelより2ヵ月お兄さんかな。
    

    帰りにはランチでいただいたパンを買ってバリのリゾート気分を
    満喫した1日でした。
   
    ちなみにお料理コンセプトは地中海沿岸料理だそうで
    CICADA独自のエッセンスが料理にいかされているそうです。
    ボリューミーで食べきれなかったです。008.gif
    




     
   


            

   

by gaisky1221 | 2013-08-13 20:16 | グルメ | Comments(0)

鎌倉グルメコム アン オアゾーへ

 
  先週、以前職場で一緒だったTさんとKさんと3人で鎌倉フレンチの
  コム アン オアゾーに行ってきました。
  知り合う前もなぜか同業者だったというご縁の私達
  (それぞれ寿退社で仕事は一緒できず)
  私にとっては先輩、後輩の間柄です。

  鎌倉駅東口で待ち合わせて八幡宮方面へ小町通りをワンブロック歩き、左折すると
  横須賀線の踏切が見えてきますがそのすぐ手前にComme un oiseauがあります。
  駅徒歩3,4分で人通りの多い喧噪を後目に一歩お店に踏みこむと
  シックなおちつきのある店内が目に飛び込んできます。

      
e0307335_22102432.jpg


        少し高めのステップにおいてあるステンドガラスの傘たてがお出迎え

   
e0307335_22125485.jpg

    ランチ3000円、4500円、6000円から3000円をチョイスしました。
    写真上から人参のムースにコンソメジュレがのり、なんとウニまでおりました。
    (漢字小に見えるのがウニです。)次に白アスパラガスの冷製スープ。
    メインに黒むつのグリルと手のこんだアスパラガスソースが美味でした。


e0307335_2226197.jpg



      お魚の次は北海道滝川産の合鴨。の上にとうもろこしのパンケーキがふんわりと
    のっていました。なんともいえずふんわり具合がよく鴨と相性がよかったです。
    お料理教室に通っているKさんがヨーグルト入れるとふんわりよ!
    と教えてくれ高橋シェフに伺ったところビンゴでした。
    そしてデザート。
    クリームチーズ、蜂蜜、生クリームにウーロン茶で煮たプルーンが。
    マンゴーシャーベット、メロン添え。
    最後にそば粉のクッキーとチョココーティングのくるみまで003.gif・・・・

    なぜこんなにもよく覚えているかというとそれだけ感動指数の高い
    内容だったからです。
    お店のコンセプトは鎌倉の自然の恵みや人の手間を大切に店名であるコム アン
    オアゾーは鳥がコツコツと巣を作るように(フランスのことわざ)
    こつこつとお店が根ずくようにだそうです。

    低カロリーの和洋折衷のお料理にあう和食器もまた目を楽しませてくれます。
    お箸でいただくフレンチを教えてくれたマダムIさんありがとう!
    お友達はいたく満足しておりました。

    続番外編食後はランチでいただいたつけあわせ野菜を求めて鎌倉農協連即売所へ
    直行。生で食べれる歯あたりのいいかぼちゃコリンキーと
    ライトなお味のじゃがいもインカのひとみをゲットして
    大大満足のランチ会お開きとなりました。
    というわけで我が家の夕飯にさっそくかぼちゃとひとみちゃんのソテーを
    いただきました。

   
        
e0307335_2375055.jpg

    
  
 
       

  

by gaisky1221 | 2013-06-25 23:09 | グルメ | Comments(0)

横浜崎陽軒トラットリア イルサッジオ

 

  横浜崎陽軒本店といえば焼売というイメージですが実は穴場レストランがあります。
  結構おしゃれな空間で中華、ビアホール、イタリアンレストラン、
  英国式ティーサロンと盛りだくさん!
  しかも横浜駅徒歩3分という好立地。なので時々利用しています。

  今回は横浜方面に用事ということで急でしたが何とか予約できイルサッジオへ
  1日限定50食のボンジョルノセットをオーダーしました。お得感ありのコースです。

  e0307335_1145376.jpg
e0307335_115615.jpg

  1階エントランスを入ると吹き抜けのティーサロンアボリータムがあり、
  イルサッジオの 2階テラス席も見えます。
  アボリータムにもCPグーなメニューありです。

  e0307335_1185374.jpg 
e0307335_1191797.jpg
 
 
e0307335_1193716.jpg

 e0307335_111028.jpg
e0307335_11101784.jpg

  e0307335_1111118.jpg・前菜から始まり3種類のデザートまで普通においしい。
残念だったのは鰆の網焼きが焼き過ぎだったことでしょうか
パスタは固めゆでで春キャベツがどっさり入っていてよかった。
全6種類で¥2480のCPがうれしいです。

格式高い未満カジュアル以上のレストランだと思います。

by gaisky1221 | 2013-05-27 11:23 | グルメ | Comments(0)