ハドソン川の奇跡



  芸術の秋、過ごしやすい季節に入るととたんに観劇、コンサート、美術鑑賞など
  情操刺激に走りたくなるから不思議です。

  見たい映画がやっと上映されていってきました。

  
  トムハンクス主演、ハドソン川の奇跡。
  2009/1/15に実際に起きたUSエアウェイズのハドソン川着水航空機事故が題材。

  飛行機好き、主演トムハンクスとあらばと主人も一緒でした。

  乗員・乗客155名全員の命を救ったトム扮するサレンバーガー機長の判断は
  正しかったのか?
  国家運輸安全委員会(航空機事故裁判)で詰問されてしまうのです。

  きらりと光るトムの演技が主軸となってヒューマンドラマに仕上げていくこのタッチ
  見終わるまで知らなんだ、やっぱり、監督クリント・イーストウッドでした。

  幾度となく繰り返される着水までのコックピットの緊迫映像シーン。

  飛行機に乗りたくなりました。
  次回、鑑賞予定はブリジット・ジョーンズの日記。10/29~待ち遠しいです。


   
e0307335_21090333.jpg

    余談ですがはじめてIMAXなる映像で鑑賞してきました。
    映像サイズ、音響、効果すべてに通常より大きいので臨場感はあるのですが
    アクション映画などには迫力ありすぎでは?

  

by gaisky1221 | 2016-10-19 21:15 | 趣味 | Comments(0)
<< カルチャー日吉にて 生徒さん作品 >>