瀬戸屋敷つるし雛と可愛いマグ&BOX



    続箱根レポート・レジャーとお土産
 
    快晴に恵まれた旅行2日目、早めのチェックアウトで姥子を後にし
    駒ヶ岳頂上へ

    前日の雪が残る歩道を踏みしめ、箱根神社元宮参拝。
    天気がよく眼前に富士山、伊豆半島、芦ノ湖の向こうに三島の町とともに
    駿河湾が広がっています。

    高みからの景色は神奈川、静岡の起伏にとんだ景観がすばらしいと
    再確認させてくれます。

    しかし、寒い!滞在時間20分で下山。

    めざすは神奈川足柄郡開成町の瀬戸屋敷。

    平成15年から始まりました開成町のお雛まつり、17年からは
    300年の歴史を誇る当地の名主職、瀬戸家の古民家を再現
    つるし雛7000個、享保雛をはじめとする瀬戸家に伝わるお雛様が
    ずらり、見事です。


    
e0307335_21052832.jpg


      江戸時代享保雛と一緒、着物を着せてもらってポーズのAちゃん


      時代、時代で違うお顔が印象的でした。3mものつるし雛
      見ごたえ十分。


      前日にゲットしましたマグカップと丸箱、可愛いのでご紹介

    
      
e0307335_21113760.jpg
    

      レッスン後のティータイム用、補充のためのマグカップ
   (箱根山のホテル経営のサロンドテロザージュ内プレミアムショップにて)


     一目で気に入りました。それにこんなおまけも。


     
e0307335_21180710.jpg
   

    どちらのプリントペ―パー?と聞きたくなるような可愛いBOXに
    マグが入ってお買い上げ。得した気分。


       
e0307335_21210203.jpg

       
        Aちゃんパパ、ご招待旅行ありがとうございました。

        ママさんたちのリフレッシュ、親孝行、旅行は
        ご利益大です。


by gaisky1221 | 2016-02-29 21:27 | 旅行 | Comments(0)
<< 桃の節句にちらし寿司 続箱根旅行 >>