熊本城と馬刺し堪能旅行パート1

 
 11月末、恒例の結婚記念日旅行に熊本城と馬刺し堪能旅行に行ってきました。
  
  夫婦ともに仕事で熊本に幾度か足を運んだことはあるのですが
  熊本城見学経験がなく夫の切望ととともに弾丸ツアーでした。
  (強力な肥後もっこすウィルスをひきつれて帰宅のため、
  発熱してしまいブログアップがたいへんおくれてしまいました。)


  羽田を経って1時間40分ほどで熊本空港に到着。
  リムジンバスで市内まで40分ほど。
  
  お城近くに熊本のメイン繁華街があり、ライトアップされた熊本城の見える客室と
  繁華街のド真ん中をと思いホテルチョイス。
  ホテルのほぼ真向いに九州第2のアーケード街下通りと上通があります
  近くに天守閣も見えてる!
  すごい規模にウインドウショッピング大好きな私はテンションあがりまくり。

  e0307335_22292099.jpg 上通 
e0307335_22295679.jpg
下通




  市役所、デパート、オフィース街付近の通町筋から北へ道路幅11メートルで
  パリのオルセー美術館を参考にしたアーケードが400m続きます。
  きれいで大きいアーケードです。
  南へ続く下通は幅15m、511mにわたって飲食、商業店舗がびっしり。


  空港から持ってきたグルメガイドでチェックした市役所裏の
  熊本ラーメン店なごみやで早めランチをして熊本城へGOー!


  繁華街から10分ほど歩き、天然外堀の坪井川沿いから厩橋を渡り
  お城の南東須戸口から入城。



   e0307335_2253254.jpg
e0307335_22531859.jpg







   須戸口門から打ち込みはぎという作りの石垣がガンガンあらわれ
   さらに進むと竹之丸という曲輪(昔は建物管理補修部署と材木蔵あり)スペースに
   日本最長の長塀が姿をあらわします。
   242mの白漆喰に腰壁のコントラストも美しく、延々と続いていきます。長~い!

   ここから49もあったといわれる櫓の石垣群が緩やかな勾配とともに
   幾重にもあらわれてきます。
   入場の時、1日では観覧できないよといわれたのも納得です。
   そして、現れました。有名な二様の石垣が・・・。


   
e0307335_231921.jpg



   加藤家→穴太積み、細川家→算木積みという角の石積みで
   地上から非常に緩やかな曲線を描き4.5間ほどから急勾配となる
   武者返しの石垣が目の前に。
   敵の侵入を防ぐのに効果大。
   
   細川家時代の増築した石垣は勾配がさらにきつくなっています。
   清正は穴太という特殊技術集団の石工を擁していて江戸城の土木普請を
   (現日比谷、桜田あたり)浅野家とともに行ったとされています。
   なんてことを考えながら、大天守閣と二様の石垣にうっとり!
   なかなか、先は長い。本日はこれまで!これでも随分つぶやき少なめです。
   to be continue tomorrow



     
  

by gaisky1221 | 2013-12-11 23:47 | 旅行 | Comments(0)
<< 熊本旅行パート2 レッスン作品 >>