鎌倉グルメコム アン オアゾーへ

 
  先週、以前職場で一緒だったTさんとKさんと3人で鎌倉フレンチの
  コム アン オアゾーに行ってきました。
  知り合う前もなぜか同業者だったというご縁の私達
  (それぞれ寿退社で仕事は一緒できず)
  私にとっては先輩、後輩の間柄です。

  鎌倉駅東口で待ち合わせて八幡宮方面へ小町通りをワンブロック歩き、左折すると
  横須賀線の踏切が見えてきますがそのすぐ手前にComme un oiseauがあります。
  駅徒歩3,4分で人通りの多い喧噪を後目に一歩お店に踏みこむと
  シックなおちつきのある店内が目に飛び込んできます。

      
e0307335_22102432.jpg


        少し高めのステップにおいてあるステンドガラスの傘たてがお出迎え

   
e0307335_22125485.jpg

    ランチ3000円、4500円、6000円から3000円をチョイスしました。
    写真上から人参のムースにコンソメジュレがのり、なんとウニまでおりました。
    (漢字小に見えるのがウニです。)次に白アスパラガスの冷製スープ。
    メインに黒むつのグリルと手のこんだアスパラガスソースが美味でした。


e0307335_2226197.jpg



      お魚の次は北海道滝川産の合鴨。の上にとうもろこしのパンケーキがふんわりと
    のっていました。なんともいえずふんわり具合がよく鴨と相性がよかったです。
    お料理教室に通っているKさんがヨーグルト入れるとふんわりよ!
    と教えてくれ高橋シェフに伺ったところビンゴでした。
    そしてデザート。
    クリームチーズ、蜂蜜、生クリームにウーロン茶で煮たプルーンが。
    マンゴーシャーベット、メロン添え。
    最後にそば粉のクッキーとチョココーティングのくるみまで003.gif・・・・

    なぜこんなにもよく覚えているかというとそれだけ感動指数の高い
    内容だったからです。
    お店のコンセプトは鎌倉の自然の恵みや人の手間を大切に店名であるコム アン
    オアゾーは鳥がコツコツと巣を作るように(フランスのことわざ)
    こつこつとお店が根ずくようにだそうです。

    低カロリーの和洋折衷のお料理にあう和食器もまた目を楽しませてくれます。
    お箸でいただくフレンチを教えてくれたマダムIさんありがとう!
    お友達はいたく満足しておりました。

    続番外編食後はランチでいただいたつけあわせ野菜を求めて鎌倉農協連即売所へ
    直行。生で食べれる歯あたりのいいかぼちゃコリンキーと
    ライトなお味のじゃがいもインカのひとみをゲットして
    大大満足のランチ会お開きとなりました。
    というわけで我が家の夕飯にさっそくかぼちゃとひとみちゃんのソテーを
    いただきました。

   
        
e0307335_2375055.jpg

    
  
 
       

  

by gaisky1221 | 2013-06-25 23:09 | グルメ | Comments(0)
<< 麻布十番にて カードケース >>